Exchange Rates
  • Loading currency data...

インドルピーのスワップ成績(3月15日週)

インドルピー

コロナショックで高金利通貨が下落する中、インドルピーは2週連続で上昇して、含み損が大幅に縮小しました。この先どうなるかはわかりませんが、今のところダントツに良い成績を残しています。

スワップもまずまず順調で、このままホールドでスワップを積み重ねたいです。

痛手を負いつつもここまでどうにか乗り切って来ましたが、あともう一回くらい大波が来ると危険かもしれません。

ロスカットにあっても、為替についてはより安いところで買えばいいと思っているので、受け入れられるのですが、それまで積み重ねたスワップがなくなってしまうのはかなりショックです。

残っているポジションはどうにかロスカットを避けたいですが、新たにポジションを建てるときにはスワップは貯まってないので証拠金を少なめにして損失を減らす作戦をとっています。

OANDA:米ドル/インドルピー・米ドル/デンマーククローネ 両建て

インドルピーを取引したくても、国内の業者で取引できるところは限られます。できたとしてもスワップが低いとあまり意味がありません。

OANDAではデンマーククローネ/インドルピー売りを運用するために、米ドル/インドルピーの売りと米ドル/デンマーククローネの買いを組み合わせています。デンマーククローネはユーロにペッグされているので、ほぼユーロ/インドルピーと同じ動きをします。

為替はルピー高に動いて、評価損は縮小しました。対ドルではルピーも下落していますが、それ以上にデンマーククローネが下落して、差し引きでプラスになっているようです。

米ドル/インドルピーのスワップはそこそこ安定しているのですが、3週前に米ドル/デンマーククローネの買いスワップが減額されてしまい、今週も先週とほぼ変わらずで低いままです。このため、計画時点よりかなり収益が悪化しています。【参照:インドルピーの変動幅

週間では含み損が大幅に縮小し先週追加した証拠金を減らせたので、年換算の収益率は過去と比較しやすくなりました。荒れ相場を乗り切ってスワップを稼いでいきたいです。

スワップ推移通貨ペア保有数投資金額合計SW1日平均SW年率換算
3/15週USD/INR売10,000 561円80.1円 
USD/DKK買10,000 168円24.0円 
差引 150,000729円104.1円25.3%
3/8週USD/INR売10,000 543円77.6円 
USD/DKK買10,000 190円27.1円 
差引 180,000733円104.7円21.1%
3/1週USD/INR売10,000 395円56.4円 
USD/DKK買10,000 211円30.1円 
差引 180,000606円86.6円17.6%
2/23週USD/INR売10,000 569円81.3円 
USD/DKK買10,000 292円41.7円 
差引 150,000861円123.0円29.9%
2/16週USD/INR売10,000 575円82.1円 
USD/DKK買10,000 293円41.9円 
差引 150,000868円124.0円30.1%
成績(円)通貨ペア評価損益累積SW確定損益合計損益前週比
3/15週USD/INR売-55,4747,246-5,045-53,273 
USD/DKK買36,9723,7665,71146,449 
差引-18,50211,012666-6,824+25,549
3/8週USD/INR売-39,9186,685-5,045-38,278 
USD/DKK買-2,8643,5985,7116,445 
差引-42,78210,283666-31,833+21,443
3/1週USD/INR売-44,4986,142-5,045-43,401 
USD/DKK買-18,9943,4085,711-9,875 
差引-63,4929,550666-53,276-52,250
2/23週USD/INR売-17,0115,747-5,045-16,309 
USD/DKK買6,3753,1975,71115,283 
差引-10,6368,944666-1,026-23,226
2/16週USD/INR売-10,8215,178-5,045-10,688 
USD/DKK買24,2722,9055,71132,888 
差引13,4518,08366622,200-5,641

iFOREX:ユーロ/インドルピー

ポジションを60,000通貨保持していますが、週間のスワップ額は合計7,554円、収益率は131%となりました。先週の7,350円から増加です。

為替でインドルピーが上昇して、評価損が大幅に減少しました。2週連続の前週比プラスで、スワップとの合計はプラス転換です。この状況の中でよくこれだけ順調だと思います。

このままコロナショックを通過して欲しいですが、遅れて暴落の可能性もないとは言えません。ルピーが安くなるときがあれば、もうちょっとだけポジションを増やしたいと考えています。

スワップ推移建玉投資金額(自己資金)合計SW1日平均年率(自己資金比)
3月15日週売60,000400,000円(300,000円)7,554円179.86円
98.47%(131.3%)
3月8日週売60,000400,000円(300,000円)7,350円179.29円98.16%(130.9%)
3月1日週売50,000350,000円(250,000円)5,860円183.13円95.49%(133.7%)
2月23日週売30,000250,000円(150,000円)3,080円181.18円79.36%(132.3%)
2月16日週売20,000200,000円(100,000円)2,530円180.71円65.96%(131.9%)

3月15日週の証拠金は自己資金300,000円とボーナス100,000円の合計400,000円です。

週間成績(円)評価損益累計SW確定損益損益合計前週比
3月15日週-3,800
33,4070
29,607+188,711
3月8日週-184,95725,8530-159,104+98,434
3月1日週-276,04118,5030-257,538-229,219
2月23日週-40,96212,6430
-28,319-70,179
2月16日週32,2979,563041,860+4,712

 

OANDA Japan

インドルピーの取引はOANDA Japan

コメント

スポンサーリンク
トレイダーズ証券 みんなのFX

サクソバンク証券