FX

ハンガリーフォリント

ハンガリーは政策金利を7.25%に引き下げ  ハンガリーフォリントのスワップ成績(5月12日週)

ハンガリーフォリントの推移  みなさんこんにちは。高金利通貨の長期保有でスワップ狙いの運用をしています。通貨ペアの相関性(correlation)に注目し通貨ペアを組み合わせることによって、為替変動の影響を抑えて安定的にスワップを積み上げることを目指しています。 ハンガリー国立銀行は5月21日に政策金利を0.5...
0
インドルピー

ルピー軟調も円安でプラ転  インドルピーのスワップ成績(5月12日週)

インドルピーの推移   みなさんこんにちは。金利の高い通貨に長期分散投資して、スワップポイントによる収益獲得を目指しています。 5月12日週のユーロ/ルピーは89.990で始まり89.965の安値をつけたましたが、90.869まで上昇し、90.548でクローズとなっています。 ユーロ/ルピーは年初からの下...
0
メキシコペソ

ペソ円は高値更新  メキシコペソのスワップ成績(5月12日週)

10通貨分散スワポ運用の週間の成績  みなさんこんにちは。10通貨(米ドル・ユーロ・メキシコペソ・トルコリラ・南アフリカランド・ブラジルレアル・インドルピー・ポーランドズロチ・チェココルナ・ハンガリーフォリント)でスワップポイント運用をしています。ハイレバで高収益を狙いつつ、動きの異なる通貨ペアに分散してリスク...
0
チェココルナ

1QのGDP成長率は前年比+1.9%  ポーランドズロチのスワップ成績(5月5日週)

ポーランドズロチの推移  みなさんこんにちは。高金利通貨の長期保有でスワップ狙いの運用をしています。中欧通貨のポーランドズロチとチェココルナは対ユーロで変動が小さく、為替の面では比較的安定しています。一方で、ユーロ圏の金利引き上げで金利差が縮小し、スワポは減少傾向となっています。 今週は中欧通貨が強く、対円では...
0
ハンガリーフォリント

フォリント堅調でコロナ後高値更新!!  ハンガリーフォリントのスワップ成績(5月5日週)

ハンガリーフォリントの推移  みなさんこんにちは。高金利通貨の長期保有でスワップ狙いの運用をしています。通貨ペアの相関性(correlation)に注目し通貨ペアを組み合わせることによって、為替変動の影響を抑えて安定的にスワップを積み上げることを目指しています。 5月10日発表のハンガリーの4月の消費者物価指数...
0
ブラジルレアル

4月の消費者物価は前年比3.69%  ブラジルレアルのスワップ成績(5月5日週)

ブラジルレアルの推移  みなさんこんにちは。高金利通貨を長期保有することでスワップポイント狙いの運用をしています。 5月10日発表の4月の消費者物価指数(IPCA)は、前年同月比で予想3.66%のところ3.69%の上昇となり、前回の3.93%から減速となりました。 5月5日週のレアル/円は30.155で始...
0
インドルピー

3月鉱工業生産は予想下ブレ  インドルピーのスワップ成績(5月5日週)

インドルピーの推移   みなさんこんにちは。金利の高い通貨に長期分散投資して、スワップポイントによる収益獲得を目指しています。 5月10日発表の3月の鉱工業生産は前年比で予想5.2%のところ4.9%となり、前回の5.7%も下回りました。 5月5日週のユーロ/ルピーは89.749で始まり、89.579の安値...
0
メキシコペソ

政策金利を11.0%に据え置き  メキシコペソのスワップ成績(5月5日週)

9通貨分散スワポ運用の週間の成績  みなさんこんにちは。9通貨(米ドル・ユーロ・メキシコペソ・トルコリラ・ブラジルレアル・インドルピー・ポーランドズロチ・チェココルナ・ハンガリーフォリント)でスワップポイント運用をしています。ハイレバで高収益を狙いつつ、動きの異なる通貨ペアに分散してリスク抑制を目指しています。...
0
チェココルナ

ポーランドは政策金利を据え置き  ポーランドズロチのスワップ成績(4月28日週)

ポーランドズロチの推移  みなさんこんにちは。高金利通貨の長期保有でスワップ狙いの運用をしています。中欧通貨のポーランドズロチとチェココルナは対ユーロで変動が小さく、為替の面では比較的安定しています。一方で、ユーロ圏の金利引き上げで金利差が縮小し、スワポは減少傾向となっています。 ポーランド国立銀行は5月9日に...
0
ブラジルレアル

政策金利を引き下げ10.50%に  ブラジルレアルのスワップ成績(4月28日週)

ブラジルレアルの推移  みなさんこんにちは。高金利通貨を長期保有することでスワップポイント狙いの運用をしています。 ブラジル中央銀行は5月8日に政策金利を0.25%引き下げ、10.50%としました。7会合連続の引き下げですが、声明文では国内外の環境の不確実性を理由に慎重姿勢を取ったと述べ、引き下げ幅を縮小してい...
0