Exchange Rates
  • Loading currency data...

浅い調整で底打ちか?恒大デフォルト懸念でも上昇中  中国人民元のスワップ成績(11月28日週)

人民元

中国人民元の推移 

人民元/円は11月26日に他の通貨同様に下落しましたが、その後11月9日につけた直近の安値17.63さえ割ることなく、底堅く推移しています。11月28日週は17.78ではじまり、何度か17.66まで下げましたが、12月5日週に入ると上昇となり底打ちしたように見えます。

もう少し保有比率を高めたいのですが、押し目とは言えないような下落しかしません。今後もドルが上昇するようなら、一緒に上がりそうです。

中国の恒大集団の債券利払いの猶予期間が終了する12月7日になっても利払いがなされていないとの報道があり、デフォルト懸念が広がっているようですが、いつも通り通貨にはあまり影響なさそうです。

また、中国人民銀行は15日から預金準備率を0.5%引き下げると発表しています。

年初来からの対円での各通貨の動きを見ても、人民元はあまり激しい上下のない確実な上昇となっていて、ロシアルーブルを抜いてトップとなっています。

南アランドは6月に上昇しましたが、このところの急落で一時マイナスに沈んでいます。

それでもトルコリラ以外の通貨を選んで年初に運用開始していれば、ほとんど為替差損を被らずにスワップ運用できたことになります。大体は為替差損をスワポで補う形で運用することが多いので、それなりに良い年だったのではないでしょうか。12月もプラス圏を維持して年末を迎えたいところです。

人民元/円

人民元は買いポジションを200,000通貨保有しています。

11月21日週のスワップは週間の合計で920円となり、3週続いていた1000円台を割っています。100,000通貨の1日あたりの額も65円あまりまで減少しました。為替は強くて良いのですが、スワポは安定しません。

週をとおして横ばいで、合計の損益が前週比でわずかなマイナスとなりました。

週間スワップ推移

 口座保有数証拠金額終値合計SW1日平均SW年率換算
11/28週TITAN買200,00070,000円17.665
920円
65.71円68.5%/1.4%
11/21週TITAN買200,00070,000円17.6791,262円90.14円94.0%/1.9%
11/14週TITAN買200,00070,000円17.8011,108円79.14円82.5%/1.6%
11/7週TITAN買200,00070,000円17.8171,052円75.14円78.4%/1.5%
10/31週TITAN買200,00070,000円17.694804円57.43円59.9%/1.2%
  • 1日平均は100,000通貨の1日あたりのスワップ額です。
  • 年率は証拠金ベース(1日平均スワップ×365日÷100,000 通貨あたりの証拠金:左)と保有額ベース(1日平均スワップ×365日÷終値÷100,000:右)で示しています。

週間運用成績(円)

 口座通貨ペア評価損益累積SW確定SW確定損益合計損益前週比
11/28週TITANCNH/JPY152,40033,081(10,314)60,400245,881-1,880
11/21週TITANCNH/JPY155,20032,161(10,314)60,400247,761-23,138
11/14週TITANCNH/JPY179,60030,899(10,314)60,400270,899+25,652
11/7週TITANCNH/JPY182,80029,791(10,314)60,400272,991-10,596
10/31週TITANCNH/JPY158,20028,739(10,314)60,400247,339+3,296

 

コメント

スポンサーリンク
GMOクリック証券【くりっく365】
スポンサーリンク
HIROSE-FX