Exchange Rates
  • Loading currency data...

一時プラス回復も! インドルピーのスワップ成績(4月26日週)

インドルピー

高金利通貨は急上昇ののち下落と乱高下していますが、スワップポイント投資家の皆さんはホールドできているでしょうか? 

マイナー通貨で収益を上げられるかを検証するため、FOREX CORRELATION LABORATORYではインドルピーを選んで運用しています。

週間のユーロ/インドルピーはいったん大きくユーロ安ルピー高となり、その後下落して行って来いとなっています。結局は4週間ほどの横ばい継続です。少しコロナショックの影響が和らいできた感じもするので、ルピーにはもう少し上昇を続けて欲しいです。

スワップは減少傾向が続いていましたが、下げ止まった感じもします。回復できるか来週の付与額に注目したいです。

上のチャートは保有中あるいは保有予定の高金利通貨の年初からの値動きを示しています。下に行くほど高金利通貨安になってイメージしやすいように、上下反転させています。

赤の点線が前の週の最終日4月24日です。だいたい上昇したのち下落となっています。上の方の4つの組み合わせ(南アフリカランド/メキシコペソ、ユーロ/ロシアルーブル/円、ユーロ/インドルピー、ノルウェークローネ/ロシアルーブル)は米ドル/メキシコペソやユーロ/南アフリカランドに比べて変動がかなり小さく、安定したスワップ投資ができそうです。

対米ドルでメキシコペソ(緑)は年初から-36%くらいまで下落しています。一方でユーロに対するインドルピー(黄)の下落は最大で-8%弱程度ですんでいます。これはドル/ペソの4分の1以下の変動で、現在保有中の通貨ペアでは抜群にパフォーマンスがいいです。

最も注目しているのはユーロ・ルーブル・円の3すくみ(オレンジ)で、今回のコロナショックでもほとんど為替の影響がなく、安定してスワップを得られそうです。現在ポジション構築中で、ユーロ/ルーブルの売りのみ保有しています。下落したところでユーロ/円の買いとルーブル/円の売りポジションを建てる計画です。ユーロ/円の買いのマイナススワップの額が減ったので、週間のスワップの実績をもとにすると、年換算で50%いけるかもしれません。【ロシアルーブルのスワップ成績(4月26日週)】【ロシアルーブルのスワップ成績(4月19日週)

OANDA:米ドル/インドルピー・米ドル/デンマーククローネ 両建て

米ドル/インドルピーの売りと米ドル/デンマーククローネの買いの組み合わせで運用していますが、週間のスワップ額は311円でした。これは付与日数が5日だったためで、1日あたりでは62円台でほぼ変化ありませんでした。

デンマーククローネはユーロにペッグされているので、ほぼユーロ/インドルピーと同様の動きを期待できます。もともとは両通貨ペアともスワップがプラスだったのですが、6週ほど継続して米ドル/デンマーククローネの買いスワップがマイナスとなってます。

いったんはルピー高となり評価損が大きく減りましたが、週末に向けて下落して、結局合計の損益は前週比でマイナスとなってしまいました。ホールドでスワップを貯めながら、またルピーが上昇するのを待ちたいと思います。

スワップ推移通貨ペア保有数投資金額合計SW1日平均SW年率換算
4/26週USD/INR売10,000 395円79.00円 
USD/DKK買10,000 -84円-16.80円 
差引 180,000311円62.20円12.6%
4/19週USD/INR売10,000 557円79.57円 
USD/DKK買10,000 -119円-17.00円 
差引 180,000438円62.57円12.7%
4/12週USD/INR売10,000 557円79.57円 
USD/DKK買10,000 -102円-14.57円 
差引 180,000455円65.00円13.2%
4/5週USD/INR売10,000 563円80.43円 
USD/DKK買10,000 -106円-15.14円 
差引 180,000457円65.29円13.2%
3/29週
USD/INR売10,000 557円79.6円 
USD/DKK買10,000 -142円-20.3円 
差引 180,000415円59.3円12.0%
成績(円)通貨ペア評価損益累積SW確定損益合計損益前週比
4/26週USD/INR売-58,25210,497-5,045-52,800 
USD/DKK買7,9123,1115,71116,734 
差引-50,34013,608666-36,066-8,380
4/19週USD/INR売-65,25210,102-5,045-60,195 
USD/DKK買23,6003,1955,71132,506 
差引-41,65213,297666-27,686+9,130
4/12週USD/INR売-67,3489,495-5,045-62,898 
USD/DKK買17,0573,3145,71126,082 
差引-50,29112,809666-36,816+1,659
4/5週USD/INR売-65,1108,938-5,045-61,217 
USD/DKK買13,6153,4165,71122,742 
差引-51,49512,354666-38,475-2,899
3/29週USD/INR売-73,8628,375-5,045-70,532 
USD/DKK買25,7233,5225,71134,956 
差引-48,13911,897666-35,576+18,026

iFOREX:ユーロ/インドルピー

ユーロ/インドルピーの累計のスワップが70,000円となったので、先週検討したように10,000通貨を追加で売って、保有ポジションは売り70,000通貨となりました。

週間のスワップ額は合計7,130円となって前の週の6,510円から増加となっていますが、ポジション増の分もあります。10,000通貨あたりの1日平均のスワップ額は前の週とほぼ変わらずの154.86円でした。6週連続の下落ですが、止まって欲しいところです。

インドルピー高で、スワップを加算すると一時は損益合計がプラスの水準まで回復しましたが、週末にかけて再び下落してしまいました。先週比でかなり損失が減少していますが、これはインドルピーの取引時間が短いためで、最終金曜日アメリカ時間でルピーが下落した分が入ってません。OANDAのポジションを参考にすると、先週と同じくらいの損失となっていると思われます。

スワップの年換算の収益率は自己資金ベースだと年100%超えです。コロナショック下でも他の通貨ペアと比較して変動の小さいこともあり、保有通貨ペアの中ではかなりうまく運用できていると思います。

スワップ推移建玉投資金額(自己資金)合計SW1日平均年率(自己資金比)
4月26日週売70,000400,000円(300,000円)7,130円
154.86円
92.9%(123.9%)
4月19日週売60,000400,000円(300,000円)6,510円155.00円84.9%(113.2%)
4月12日週売60,000400,000円(300,000円)7,020円167.14円91.5%(122.0%)
4月5日週売60,000400,000円(300,000円)7,212円171.71円94.0%(125.3%)
3月29日週売60,000400,000円(300,000円)7,650円182.14円99.7%(133.0%)

証拠金は自己資金300,000円とボーナス100,000円の合計400,000円です。

週間成績(円)評価損益累計SW確定損益損益合計前週比
4月26日週-107,60377,0050
-30,598+64,550
4月19日週-165,023
69,8750-95,148+51,664
4月12日週-210,17763,3650-146,812+5,054
4月5日週-208,21156,3450-151,866-50,076
3月29日週-150,92349,1330-101,790+30,383

 

OANDA Japan

インドルピーの取引はOANDA Japan

コメント

スポンサーリンク
トレイダーズ証券 みんなのFX

サクソバンク証券