Exchange Rates
  • Loading currency data...

対ユーロで年初来安値 インドルピーのスワップ成績(11月29日週)

インドルピー

11月29日週もユーロ/インドルピーは大きくユーロ高・ルピー安が進んで、12月3日にはルピーが89.73の年初来の安値をつけました。週末の終値は89.32で、週間の変動幅は+0.96(+1.08%)でした。遡ってみると対ユーロでは2013年9月以来の安値(ユーロ高・ルピー安)でした。2013年には92.33をつけています。

高金利通貨が全般的に堅調で、メキシコペソは対ドルでコロナショック後の最高値の水準にきていますが、ルピーはこの時期になって年初来安値になるという対照的な動きを見せています。まだ反転の兆しは見られないので、要警戒です。

ユーロ高の影響もあって、対ユーロのルピーはかなり不調です。好調なペソ/円に変動率で逆転されてしまいました。このところの状況は、ペソ・ランドが比較的好調で、逆にルーブルとルピーが足を引っ張っています。ルーブルは反転上昇してだいぶ損失が減ってきたので、この辺でルピーも回復に転じてもらいたいところです。

  • 上のチャートは保有中を含む注目の通貨ペアの年初からの値動きを示していますが、クロス円以外は上下反転させています。

インドルピーの運用全体の先週末時点の損益は前週比-275,888円の-982,591円となりました。ユーロ高ルピー安で損失が大幅増加です。

週間の合計のスワップ額は前週比で+593円の11,123円となりました。ポジション増でスワップ額も増えています。証拠金追加で年換算の収益率は38.6%へ大幅低下となっています。

OANDA:米ドル/インドルピー・米ドル/デンマーククローネ 両建て

米ドル/インドルピーの売りと米ドル/デンマーククローネの買いの組み合わせで運用しています。

週間ではデンマーククローネ高が進んで、米ドル/デンマーククローネの買いの損失が増加しています。米ドル/インドルピーの売りは損失が減少して、差し引きでは前週比で12,000円余りのマイナスでした。

米ドル/インドルピーのスワップは安定して、83円前後となっています。一方の米ドル/デンマーククローネのマイナススワップの支払額が増減して、スワップの収益率に影響しています。先週は支払いが減っています。

米ドル/インドルピーの売りのみで運用したいですが、米ドル/デンマーククローネの含み損が大きいので当分はこのままポジション維持です。

週間スワップ推移

 通貨ペア保有数投資金額合計SW1日平均SW年率換算
11/29週USD/INR売10,000 578円82.57円 
USD/DKK買10,000 -93円13.29円 
差引 200,000円485円69.29円12.6%
11/22週USD/INR売10,000 579円82.71円 
USD/DKK買10,000 -165円-23.57円 
差引 200,000円414円59.14円10.3%
11/15週USD/INR売10,000 577円82.43円 
USD/DKK買10,000 -70円-10.00円 
差引 200,000円507円72.43円13.2%
11/8週USD/INR売10,000 584円83.43円 
USD/DKK買10,000 -54円-7.71円 
差引 200,000円530円75.71円13.8%
11/1週USD/INR売10,000 578円82.57円 
USD/DKK買10,000 -63円-9.00円 
差引 200,000円515円73.57円13.4%

週間運用成績(円)

 通貨ペア評価損益累積SW確定損益合計損益前週比
11/29週USD/INR売-36,56731,676-5,045-9,936 
USD/DKK買-101,3335325,711-95,090 
差引-137,90032,208666-105,026-12,593
11/22週USD/INR売-38,11231,098-5,045-12,059 
USD/DKK買-86,7106255,711-80,374 
差引-124,82231,723666-92,433-10,186
11/15週USD/INR売-40,69430,519-5,045-15,220 
USD/DKK買-75,5287905,711-69,027 
差引-116,22231,309666-82,247+6,703
11/8週USD/INR売-46,65129,942-5,045-21,754 
USD/DKK買-73,7678605,711-67,196 
差引-120,41830,802666-88,950-5,380
11/1週USD/INR売-38,36129,358-5,045-14,048 
USD/DKK買-76,1479145,711-69,522 
差引-114,50930,272666-83,570-11,062

iFOREX:ユーロ/インドルピー

12月3日にユーロ/インドルピーは高値をつけていますが、上がったところで売りポジションを10,000通貨増やしました。合計で130,000通貨の保有となっています。

損失が前の週と比較して26万以上増加してしまい、かなり痛いです。他の通貨ペアが回復して利益が出ているので、どうにかもちこたえています。

スワップはほぼ変わらずで、1日あたりで120円あまりとなっています。証拠金を追加したので年換算の収益率は下がっています。

週間スワップ推移

 建玉証拠金額ユーロ終値合計SW1日平均年率
11/29週売130,0001,300,000円126.2910,638円120.88円
44.1%/3.5%
11/22週売120,000960,000円 10,116円120.43円55.0%
11/15週売120,000960,000円 10,260円122.14円55.7%
11/8週売120,000960,000円 10,404円123.86円
56.5%
11/1週売120,000960,000円 10,260円122.14円55.7%
  • 1日平均は10,000通貨の1日あたりのスワップ額です。
  • 証拠金に当てられるトレーディングチケットが25万円分あります。
  • 年率は証拠金額をもとに計算していましたが(1日のスワップ×365日÷証拠金額:左)
    比較しづらいので、レバレッジをかけていない場合の年間の収益率を示せるよう
    保有金額をもとにしたものも加えました(右)。保有金額はユーロ終値×10,000です。

週間運用成績(円)

 評価損益累計SW確定損益損益合計前週比
11月29日週-1,283,740
406,1750
-877,565-263,295
11月22日週-1,009,807395,5370-614,270-46,664
11月15日週-953,027385,4210-567,606+60,262
11月8日週-1,003,029375,1610-627,868-34,649
11月1日週-957,976364,7570-593,219-135,242

 

OANDA Japan

インドルピーの取引はOANDA Japan

コメント

スポンサーリンク
トレイダーズ証券 みんなのFX

サクソバンク証券