Exchange Rates
  • Loading currency data...

高金利通貨急落時にも上昇 インドルピーのスワップ成績(9月20日週)

インドルピー

9月20日週のユーロ/インドルピーの週末の終値は、前の週と比較して1.39ユーロ安・ルピー高の85.62でした。高金利通貨が軒並み急落した1週間でしたが、インドルピーは健闘しています。かなり利益が出ていますが、残念ながら他の通貨ペアの下落分を補えるほどではありません。また、対ドルではルピーが横ばいながらも少し下落しているので、ルピーの利益のほとんどはユーロの下落の結果ともいえるかもしれません。

先週末の損益は前週比+220,113円の-371,954円となり、今月は順調に損失が減っています。8月前半は100万を超える損失を抱えていたので、だいぶ回復しています。

ルピーのスワップ額は減少が続いています。週間の合計のスワップ額は前週比で大幅減の-475円で11,182円となりました。6週連続の減少です。年換算の収益率は約41.5%となりました。

  • 上のチャートは保有中を含む注目の通貨ペアの年初からの値動きを示していますが、クロス円以外は上下反転させています。

OANDA:米ドル/インドルピー・米ドル/デンマーククローネ 両建て

米ドル/インドルピーの売りと米ドル/デンマーククローネの買いの組み合わせで運用しています。

米ドル/インドルピーのスワップは1日約120円弱で安定していたのですが、先週途中から83円ほどに減ってしまいました。米ドル/デンマーククローネのマイナススワップも増えています。スワップが減りすぎて、米ドル/デンマーククローネの買いを入れている意味もほとんどありません。

対ドルでルピーが下落していますが、デンマーククローネもそれ以上に下落して、その結果、利益が伸びています。

 

週間スワップ推移

 通貨ペア保有数投資金額合計SW1日平均SW年率換算
9/20週USD/INR売10,000 58483.43円 
USD/DKK買10,000 -106-15.14円 
差引 200,000円47868.29円12.5%
9/13週USD/INR売10,000 618円88.28円 
USD/DKK買10,000 -91円-13.00円 
差引 200,000円617円75.28円13.7%
9/6週USD/INR売10,000 833円119.00円 
USD/DKK買10,000 -93円-13.29円 
差引 200,000円740円105.71円19.3%
8/30週USD/INR売10,000 832円118.85円 
USD/DKK買10,000 -110円-15.71円 
差引 200,000円722円103.14円18.8%
8/23週USD/INR売10,000 832円118.85円 
USD/DKK買10,000 -87円-12.43円 
差引 200,000円745円106.43円19.4%

週間運用成績(円)

 通貨ペア評価損益累積SW確定損益合計損益前週比
9/20週USD/INR売-36,03125,861-5,045-15,215 
USD/DKK買-55,0901,3325,711-48,047 
差引-92,12127,193666-63,262+19,010
9/13週USD/INR売-33,88425,277-5,045-13,652 
USD/DKK買-75,7691,4385,711-68,620 
差引-109,65326,715666-82,272+2,723
9/6週USD/INR売-32,30924,659-5,045-12,695 
USD/DKK買-79,5401,5295,711-72,300 
差引-111,84926,188666-84,995-5,768
8/30週USD/INR売-28,75023,826-5,045-9,969 
USD/DKK買-76,6411,6225,711-69,308 
差引-105,39125,448666-79,277+4,782
8/23週USD/INR売-27,37522,994-5,045-9,426 
USD/DKK買-82,0531,7095,711-74,633 
差引-109,42824,703666-84,059+14,928

iFOREX:ユーロ/インドルピー

ユーロ/インドルピーは売りポジションを合計120,000通貨保有しています。

9月20日週も前の週のユーロ安の流れが続き、ユーロ/インドルピーは下落し、そのため評価損が大きく減少しました。8月16日週にはユーロ/インドルピーが年初来高値を付けましたが、その前後は100万を超える評価損だったので、かなり楽になりました。

週間の合計スワップ額は減少が続いていて、10,000通貨の1日あたりのスワップは120円台になってしまいました。それでも今週は合計のスワップ額が30万円を超えてきました。

まだ評価損を埋め合わせているような状態ですが、為替が戻ればなかなかの運用になるのではないかと思います。いくらスワップが稼げても下落の止まらないトルコリラのようにだけはならないよう願っています。

週間スワップ推移

 建玉投資金額(自己資金)合計SW1日平均年率(自己資金比)
9/20週売120,0001,440,000円 (1,200,000円)10,704円127.43円38.8%(46.5%)
9/13週売120,0001,440,000円 (1,200,000円)11,040円131.43円40.0%(48.0%)
9/6週売120,0001,540,000円 (1,440,000円)11,424円136.00円38.7%(41.4%)
8/30週売120,0001,540,000円 (1,440,000円)11,592円138.00円39.2%(42.0%)
8/23週売120,0001,540,000円 (1,440,000円)11,784円140.29円39.9%(42.7%)
  • 1日平均は10,000通貨の1日あたりのスワップ額です。

週間運用成績(円)

 評価損益累計SW確定損益損益合計前週比
9月20日週-610,809302,1170
-308,692+201,103
9月13日週-801,208291,4130-509,795+67,513
9月6日週-857,681280,3730-577,308-76,961
8月30日週-769,296268,9490-500,347+110,519
8月23日週-868,223257,3570-610,866+165,606

 

OANDA Japan

インドルピーの取引はOANDA Japan

コメント

スポンサーリンク
トレイダーズ証券 みんなのFX

サクソバンク証券