Exchange Rates
  • Loading currency data...

これは二番底なのか? インドルピーのスワップ成績(5月31日週)

インドルピー

高金利通貨は軒並み上昇中ですが、インドルピーは5月15日あたりから下落が続いています。直近の1週間も逆行安でユーロ/ルピーでとうとう3月9日の高値を超えてしまいました。ここまで大きな下落なしに踏ん張ってきたので分散という面ではなかなかいい働きをしたのではないでしょうか。

 

 

最初に底を打って戻して、再び下がってつけた最安値が二番底らしいですが、最初の底を割ってしまうとそこが一番底になって二番底とは呼ばないという説もあります。したがってこれが一番底か二番底か、あるいはまだまだ下がるのかわかりませんが、とりあえずユーロ/ルピーでは年初来高値で損失爆増中です。

ちょっと底感が出ないので上下逆転のチャートも貼ります。

 

 

インドでコロナウイルス感染者数が増えている中で経済活動再開となっているわけですが、同様に見切り発車で活動再開している他の新興国の通貨はお構いなしで上昇しています。大型のサイクロンが接近中だからか、それともバッタの大量発生のせいかわかりませんが、コロナショックからの資産回復の足かせとなっています。

これほど下がるとは思っていなかったので、ポジションを増やしてしまい、逆に傷口が広がっています。

年初来の保有通貨の動き

上のチャートは保有中の高金利通貨の年初からの値動きを示しています。(トルコリラを除く)メキシコペソ/円、南アフリカランド/円、トルコリラ/円以外は上下反転させています。

黒点線は1週間前の終値で、ペソやランドといった高金利通貨は週間で大きく上昇しています。4月まで大きく下落した後、ここひと月ほどは急激に戻していますが、その勢いは継続中です。

2週間前の時点でユーロ/インドルピーの年初からの変動幅は3.10%だったのですが、この週末は6.52%のルピー安となっています(上から7番目:黄色)。順位も長いこと上から3,4番目 をキープしていたのですが、ユーロ/ポーランドズロチやユーロ/チェココルナに逆転されてしまっています。

スワップ額ではズロチやコルナに対してまだ優位を保っていますが、かなり残念な成績です。

OANDA:米ドル/インドルピー・米ドル/デンマーククローネ 両建て

米ドル/インドルピーの売りと米ドル/デンマーククローネの買いの組み合わせで運用していますが、週間のスワップ額は467円で、先週と同額でした。長期にわたって低位で安定推移しています。付与額は上下していませんが年換算のスワップの収益率は13%台なので、目標の年20%をだいぶ下回っています。

先週はデンマーククローネもインドルピーも対ドルでマイナスが増加していますが、どちらかというとデンマーククローネの上昇が大きかったようです。

週間スワップ推移

 通貨ペア保有数投資金額合計SW1日平均SW年率換算
5/31週USD/INR売10,000 562円80.29円 
USD/DKK買10,000 -95円-13.57円 
差引 180,000467円66.71円13.5%
5/24週USD/INR売10,000 557円79.57円 
USD/DKK買10,000 -90円-12.86円 
差引 180,000467円66.71円13.5%
5/17週USD/INR売10,000 556円79.43円 
USD/DKK買10,000 -91円-13.00円 
差引 180,000465円66.43円13.5%
5/10週USD/INR売10,000 555円79.28円 
USD/DKK買10,000 -98円-14.00円 
差引 180,000457円65.28円13.2%
5/3週USD/INR売10,000 550円78.57円 
USD/DKK買10,000 -90円-12.86円 
差引 180,000460円65.71円13.3%

週間運用成績(円)

 通貨ペア評価損益累積SW確定損益合計損益前週比
5/31週USD/INR売-59,97613,277-5,045-51,744 
USD/DKK買-24,3612,6385,711-16,012 
差引-84,37715,915666-67,756-22,315
5/24週USD/INR売-55,28412,715-5,045-47,614 
USD/DKK買-6,2712,7335,7112,173 
差引-61,55515,448666-45,441-14,679
5/17週USD/INR売-61,14612,158-5,045-54,033 
USD/DKK買14,7372,8235,71123,271 
差引-46,40914,981666-30,762-11,392
5/10週USD/INR売-57,79911,602-5,045-51,242 
USD/DKK買23,2472,9145,71131,872 
差引-34,55214,516666-19,370-3,153
5/3週USD/INR売-52,42011,047-5,045-46,418 
USD/DKK買21,4693,0215,71130,201 
差引-30,95114,068666-16,217+19,849

iFOREX:ユーロ/インドルピー

為替はユーロ高/ルピー安が大幅に進んで、週間で評価損が絶望的に増えています。ルピーが下がったところでポジションを10,000通貨分追加して、合計で売100,000通貨となっています。

週間のスワップ額は前の週より増えて合計10,650円となっています。10,000通貨あたりの1日のスワップ額も少し増加して、念願の週1万超えです。他の高金利通貨で著しいスワップ低下が見られるなか、150円そこそこで、まあまあ安定していると思います。

週間での下落が大きかったので、証拠金を増やしたので、年間の収益率は下がってしまいました。他の高金利通貨が上昇してお祭り騒ぎの中、このタイミングで評価損爆増で途方に暮れています。

週間スワップ推移

 建玉投資金額(自己資金)合計SW1日平均年率(自己資金比)
5/31週売100,000800,000円 (700,000円)10,650円152.14円
69.4%(79.3%)
5/24週売90,000450,000円 (350,000円)9,077円148.80円108.6%(139.7%)
5/17週売80,000450,000円 (350,000円)8,688円155.14円100.7%(129.4%)
5/10週売80,000450,000円 (350,000円)8,624円154.00円99.9%(128.5%)
5/3週売80,000450,000円 (350,000円)8,656円154.57円100.2%(129.0%)

5月31日週から証拠金は自己資金700,000円とボーナス100,000円の合計800,000円です。
1日平均は10,000通貨の1日あたりのスワップ額です。

週間運用成績(円)

 評価損益累計SW確定損益損益合計前週比
5月31日週-633,245122,7000
-510,545-226,233
5月24日週-396,362112,0500-284,312-167,028
5月17日週-220,257102,9730-117,284-87,817
5月10日週-123,75294,2850-29,467+8,348
5月3日週-123,47685,6610-37,815-7,217

 

OANDA Japan

インドルピーの取引はOANDA Japan

コメント

スポンサーリンク
トレイダーズ証券 みんなのFX

サクソバンク証券