Exchange Rates
  • Loading currency data...

年初来安値更新! インドルピーのスワップ成績(7月19日週)

インドルピー

またまた先週に続いてルピーが下落して、今週のユーロ/ルピーは1.497ルピー(1.75%)のユーロ高・ルピー安で終了しています。

対米ドルでは上昇しているのですが、相変わらずユーロが強く対ユーロでルピーは年初来の最安値となっています。それに伴って評価損が爆増中です。

コロナショックの安いところを割ってきていて、かなりまずい感じです。それでも下落スピードはゆっくりめなので、資金を追加しながらポジションを増やす予定です。

インドルピーのスワップ額は対ドルでも対ユーロでもあまり変化なく安定しています。週間の合計のスワップ額は11,825円で、先週比プラス595円でした。損失拡大で証拠金を増やしたので年換算の収益率は約55.1%となっています。

ユーロ/ルピー上昇のため合計の損失は-877,903円で、先週から165,700円のマイナスです。

 

  • 上のチャートは保有中を含む注目の通貨ペアの年初からの値動きを示していますが、クロス円以外は上下反転させています。

点線は1週前の終値です。高金利通貨は全般下げていますが、ペソとリラは横ばいです。またユーロ高/ドル安が進んでいるので、対ユーロの通貨ペアの方がパフォーマンスが悪いです。

ただ、ポーランドズロチとチェココルナは対ユーロでも上昇していて、今週不調だったインドルピーやロシアルーブルの損失を埋め合わせできています。ズロチやコルナはスワップを稼げなくなっていますが、今週も分散が効いています。

ユーロの金利が低いため、どうしてもユーロとの通貨ペアが多めになってしまっています。米ドルの金利も下がっているので、今後ポートフォリオをどうするか考えなければなりません。

OANDA:米ドル/インドルピー・米ドル/デンマーククローネ 両建て

米ドル/インドルピーの売りと米ドル/デンマーククローネの買いの組み合わせで運用しています。

米ドル/インドルピーは1日約120円程度で安定しています。米ドル/デンマーククローネのマイナススワップの支払い額は増減が大きめでしたが、だいぶ安定してきました。できればプラス回復して欲しいですが、当分は無理そうです。年換算のスワップの収益率も目標の20%を維持しています。。

また、合計の損益は前週比で-18,942円でした。3週連続のマイナスで、今週は特に大きな損失となってしまいました。米ドル/インドルピーの含み損は減りましたが、ユーロにペッグされているデンマーククローネが上昇し、両者のマイナス額が逆転しています。

週間スワップ推移

 通貨ペア保有数投資金額合計SW1日平均SW年率換算
7/19週USD/INR売10,000 840円120.00円 
USD/DKK買10,000 -52円-7.42円 
差引 180,000円788円112.57円22.8%
7/12週USD/INR売10,000 840円120.00円 
USD/DKK買10,000 -50円-7.14円 
差引 180,000円790円112.86円22.9%
7/5週USD/INR売10,000 841円120.14円 
USD/DKK買10,000 -58円-8.29円 
差引 180,000円783円111.85円22.7%
6/28週USD/INR売10,000 844円120.57円 
USD/DKK買10,000 -152円-21.71円 
差引 180,000円692円98.86円20.0%
6/21週USD/INR売10,000 840円119.95円 
USD/DKK買10,000 -77円-10.95円 
差引 180,000円763円109.00円22.1%

週間運用成績(円)

 通貨ペア評価損益累積SW確定損益合計損益前週比
7/19週USD/INR売-48,53318,830-5,045-34,748 
USD/DKK買-58,9742,0895,711-51,174 
差引-107,50720,919666-85,922-18,942
7/12週USD/INR売-51,10817,990-5,045-38,163 
USD/DKK買-36,6692,1415,711-28,817 
差引-87,77720,131666-66,980-8,849
7/5週USD/INR売-54,17117,150-5,045-42,066 
USD/DKK買-23,9672,1915,711-16,065 
差引-78,13819,341666-58,131-12,119
6/28週USD/INR売-46,57316,309-5,045-35,309 
USD/DKK買-18,6632,2495,711-10,703 
差引-65,23618,558666-46,012+11,390
6/21週USD/INR売-59,97415,465-5,045-49,554 
USD/DKK買-15,9602,4015,711-7,848 
差引-75,93417,866666-57,402+3,709

iFOREX:ユーロ/インドルピー

ユーロ/インドルピーが年初来での高値となったので、売りポジションを10,000通貨分追加して、合計で保有数を売り110,000通貨としています。

今週もルピーが大きく下がって-146,758円で、3週連続マイナス幅が広がっています。そろそろユーロ高が止まらないと相当困りますが、もう少し売り上がっていいところでポジションを建てていきたいです。

週間の合計スワップ額はポジション追加もあり、前週比増加の11,037円となっています。10,000通貨の1日あたりのスワップは運用開始から1日あたり150円前後で、今週は先週と同じでしたが、証拠金を追加したので収益率は低下しています。当分は評価損に耐えながらスワップを稼いでいきます。

週間スワップ推移

 建玉投資金額(自己資金)合計SW1日平均年率(自己資金比)
7/19週売110,000980,000円 (880,000円)11,037円149.14円55.5%(61.9%)
7/12週売100,000800,000円 (700,000円)10,440円149.14円68.0%(77.8%)
7/5週売100,000800,000円 (700,000円)10,340円147.71円67.4%(77.0%)
6/21週売100,000800,000円 (700,000円)10,250円146.43円66.8%(76.4%)
6/14週売100,000800,000円 (700,000円)10,230円146.14円66.7%(76.2%)
  • 1日平均は10,000通貨の1日あたりのスワップ額です。

週間運用成績(円)

 評価損益累計SW確定損益損益合計前週比
7月19日週-770,396
195,9170
-574,479-146,758 
7月12日週-612,601184,8800-427,721-88,184
7月5日週-513,977174,4400-339,537-147,567
6月28日週-356,070164,1000-191,970+143,175
6月21日週-488,995153,8500-335,145+76,881

 

OANDA Japan

インドルピーの取引はOANDA Japan

コメント

スポンサーリンク
トレイダーズ証券 みんなのFX

サクソバンク証券

GMOクリック証券【くりっく365】